おもいのほか 

長岡野菜の「おもいのほか」は、新潟独特の食文化である花びらを食べる食用菊の品種です。10月から11月にかけてが旬です。

 

特徴:

薄紫色の食用菊です。他産地のものに比べ色は薄いですが甘みが強く、シャキシャキ感は抜群です。食用菊は、長岡市を中心とする中越地域では古くから「おもいのほか」が多く栽培されてきましたが、下地地域では「かきのもと」、山形県では「もってのほか」が栽培されており、それぞれ花びらの色が異なるなど品種に違いがあります。

 

由来:

長岡地域に伝わる原種は、しばらくの期間、絶えていましたが、野菜の研究者と生産や流通の専門家による品種検討会を契機として、県の園芸研究センターに、長岡市、越路町で1967年に採取した原種が保存されていることがわかり、平成14年に里帰りが実現しました。

 

加工食品:

酢漬け、寿司、ドレッシング