ゆうごう

 

特徴: 大きいものは長さが70~80㎝にもなり、若い実を食べます。ゆうごうを細く切って干すと、「かんぴょう」になります。

 

由来: インドやアフリカなどの熱帯地域原産の「ゆうがお」の実のことで、長岡弁がなまって「ゆうごう」となりました。

 

おいしい食べ方: 伝統的な料理法として、「ゆうごう入りくじら汁」が有名です。また、柔らかくてクセがなく、味がしみやすい特徴を持つため、その良さを活かした、砂糖しょうゆの「あんかけ」やうす切りにしてさっとゆがき、お好みの味であえる「ゆうごうサラダ」も美味しくいただけます。