梨なす

 

特徴:小型で丸に近い短卵型をしており、果皮・果肉と共に柔らかいなすです。水分を多く含んでいるため、握りしめるとしたたり落ちるほどです。

由来: 大坂の「泉州水なす」がルーツと言われます。食べてみたら梨のようにみずみずしくて甘かったことや洋梨に似た形であったために、「梨なす」の名がついたと言われています。昭和15年に大島地区で導入されたのが始まりで、現在は四郎丸地区や才津地区などで栽培されています。

 

おいしい食べ方: 美味しい肉質を生かして、一夜漬けなどの漬物として食べるのが一般的です。

 

加工品: 浅漬け