長岡巾着なす

 

特徴:しぼった巾着袋のように縦にしわが入り、丸形をした大きななすで、直径10cm、1果は250~300gの大型になります。長岡地域の肥沃な土が生育に合っており、長岡の夏を彩る野菜の代表格と言えます。肉質がしっかりとして、甘みが強く、煮くずれしにくいのが特長です。

由来: 明治15年に田上村(現在の田上町)から中島地区の篤農家に嫁いだお嫁さんが、実家から持ってきたなすの種子がルーツと言われています。

 

おいしい食べ方:伝統的な「蒸かしなす」の他に、煮付け、味噌炒めやしぎ焼きなどがあります。

 

加工品: 味噌漬け、辛子茄子、野菜スープカレー