長岡菜

 

特徴: 草丈は高く、葉は長円形、茎は純白で太く、「体菜」と比べると葉が細くなっていてます。

 

由来: 明治初期に導入された「体菜」が、在来の菜(小松菜・野沢菜)と自然交雑した後、白茎を選び出すことによって成立したものと考えられています。小学館発行の「食材図典」や韮沢誠二著「水郷三沼の史」で長岡菜のことが紹介されています。

 

おいしい食べ方: 漬け菜や煮菜として食べられています。